忍者ブログ
ダイエットについての情報を掲載!
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これはダイエットとは少し違う流れだと思いますが、どこの国の女性か
忘れましたが日テレの「世界仰天ニュース」で表現はよくありませんが
骨と皮のような女性を見たのですね。

体重は23㎏しかない女性たったのですが、身長は170㎝以上はある方だと
思いました。

原因は母親にもあったのですがモデルを目指し、とにかく体型の事で若い
頃から毎日体重計に乗せられては、厳しいチェックも受けていたようです。

とにかく食事制限もあったわけですが、女の子と言われる頃は育ち盛りも
あるワケですから、本来は体重計や管理にもあまり束縛せず、太りすぎも
よくないわけですが、何でもほどほどという言葉があります。

そうしてくるうちにだんだんと、その女性の心の中から「食べるとだんだんと
太ってしまうぞ」という妄想に取り憑かれてしまい拒食症になってしまった
のです。

そうなってしまいますと食べるものは一切受け付けずにもどしてしまい、
50キロ以上あった体重は30キロも切ってしまい、結局は母親との隔離を
し病院に行き長期にわたってメンタルやカウンセリングを受けている
そうです。

でも、若い頃は血や骨は作られワケですから、そうそう体重には囚われない
事が大事だと思います。

http://www.jobcomcn.com
PR
今は殆どの世代にスマホは普及しています。

私の場合は、まだ以前の携帯ですがタブレットは持っていますから、はまる理由も
分かるような気がします。

ただ、パソコンに近い機能が充実なのと、ウェブサイトも眺められますし、アプリも
取れるし、音楽もダウンロードできるのも本当に魅力ですね。

でも、運転中もですが、学生の子も歩いたりしていても周りはおかまいなしに、
通行人や信号に気付かない方もいます。

世の中はだんだん便利となり自動車でもオートマチックになったのは、ここ20年前後
の話しで以前はノンクラといい変速式でギヤーもクラッチを踏み込んでチェンジを
しなければならなかったですね。

そこでオートマ車が普及した分事故も多く、その原因が
「操作が楽な分、スピードオーバーになりやすい」
「左足が遊んでしまい、運転姿勢にも楽で横着な運転も多い」
「シフトを間違いたり(RやDと逆操作)をする」
と初歩的な操作ミスも多いですね。

また携帯の普及から、よそ見運転もしてしまったり、メールに夢中になってしまうと
言った事も年々交通事故の原因の一つにも挙げられるようになったり。

さらに今ではスマホで動画を見たり、ついつい入り込んでしまうと言った事も。

ですから、スマホは便利になった分、仕事や生活にもかなり悪影響しているのも
あったり、現代の子供はさらに自分の殻に閉じこもろうとしているのも増加してしまい
そうですね。

http://www.accident-injury-claim.net/
う~ん。 通販の人気健康グッズは、私の場合特に興味や購買意欲っていうのは
湧きませんね。

確かに発想もグッドアイデアで研究に研究を重ね、あれだけのベストセラーとして
何百万台と爆発的に売れるとは思います。

ただ、以前に父が通販で初期型のウォーキングマシーンを購入した事もあったのですが
三日坊主で終わってしまい、私もやろうと思ったのですが三日坊主と持ちませんでした。

よくそういう商品の口コミやレビューも見たりしますが、賛否両論といいますか
それは多数決をすれば票が割れるのと同じだとは思います。

このレッグマジックサークルは最近TVの通販番組で知ったのですが、確かに前作の
改良版といいますか、足下の部分が回転をし、自己流やいろんなパターンを
あるみたいですし、DVDを見ながらやれるみたいです。

そういえば、書いていて思い出しましたが、私も以前にブルワーカーにはまっていた
事もありましたが、最初はいろいろなトレーニングはできましたし珍しいうちは
はまっていました。

でも、購入する場合は、何万もするわけですし、自分の性格やよほどやると決めた
覚悟で考えてから決断した方がいいと思いますし。

そうしないと、本みたいに高くても2千円前後で済むワケではないですし、結局は
納戸の中に眠らせておく事にもなりかねませんし。


http://www.arkitektmusic.com/
料理といえばレシピという言葉が流行っていますが、最近は日常用語にもなって
きましたね。

レシピとは本来は料理に限らす手順書という意味なのですが、やはり料理に対してが
圧倒的に該当する外来語だと思います。

料理が出来る方はレシピ本や自分なりのオリジナルレシピとして料理をされる方も
多いと思いますが、独り者や料理のできない人はコンビニ弁当やお総菜を買ってきたり
、レシピとは無縁の生活をされていると思いますね。

コンビニの弁当も健康に気遣ったものが多いと言われますが、手作り料理よりも
カロリーや味付けなんかは保存法により濃かったり、毎日食べる事は決して体にはいい
影響をもたらさないと思います。

ですから、ウチの方では母の手料理で、きちんと栄養も考えられた食事をふるまって
くれますが、現場の続く時ですと弁当は大変ですからコンビニか近くのお店で済ませて
しまいますし。

昨日Yahoo!のニュースで日本は肥満大国になりつつあると出ていましたが世界でも
21番目の健康国といいますか糖尿病や肥満な方が増加傾向にあるとも言われています。

食事は毎日のことですから、よほど気をつけないといけませんね。

http://www.sound-port.com/
私は太マッチョの方がごつくて強いイメージはありますが、やはり体型もですが
その方にあったイメージはありますね。

太マッチョのイメージといえば
「プロレスラー」
「ボディービラー」
「レスリング」
「アメフトプレイヤー」
「体操選手」
「競輪選手」

痩せマッチョのイメージと言えば
「ボクサー」
「アクションスター」
「ロッククライマー」

あと芸能人でも意外な方も凄いマッチョな方も見えます。

どちらが体にいいか?となりますと、太マッチョの場合は明らかに筋肉量を増やさないと
いけませんし、プロテインや相当な負荷をかけないといけませんし太くなる意味では
まだ痩せマッチョの方が丈夫いイメージは感じます。

痩せマッチョの中でブルースリーなんかは、あの伝説の背筋や見事までの逆三角形
の体であれだけ、迫力のある演技とか技を披露するのは本当に憧れましたし。

太マッチョでも昔のプロレスラーで「ザ・ロードウォリアーズ」なんかもすざましい筋肉を
して自らより大きいレスラーをリフティングしていたのは、本当にサイボーグでは
ありませんが人間業ではないと思いましたね。

一般的に体を鍛える意味では、ああいう方は職業で鍛えていますし、生活に支障のない
トレーニングでできあがった体でいいのではと思います!

http://www.dpos.biz


忍者ブログ [PR]